前へ
次へ

インターナショナルスクールの注意点

幼稚園や保育園の役割を果たしているプリスクールには、インターナショナルスクールに併設されている場合もありますが、それだけで成り立っているスクールもあります。
その場合は、インターナショナルスクールに入るための予備施設という側面もありますが、小学校に入る前に子どもを英語に触れさせたいと考えている家庭にも活用されています。
日本のプリスクールはインターナショナルスクールと同様に、文部科学省や厚生労働省に認可された施設ではありません。
したがって独自のメニューやカリキュラムによって、子ども達に国際的な間隔を育むことができます。
インターナショナルスクールは、子どもに英語力や国際的な間隔を育めるという面がある反面、日本の学校教育法に定められている施設ではない為、義務教育を履行していないと認定される恐れがあります。
さらに高校を卒業したのに大学受験資格を得られないケースもあるので注意が必要です。
学校認可については、国際的な評価団体の認定を受けているかどうかがポイントになります。

Page Top