前へ
次へ

インターナショナルスクールの問題点とは

日本国籍の子どもがインターナショナルスクールに通う場合、何点かの問題があります。
まず日本の学校教育法に則っていない施設であるので、スクールに通ったとしても義務教育を完了したという認定を受けられないことです。
また高校も認定されていないので大学受験資格を得られないこともあります。
他にも英語力が足りないために、授業についていけないケースです。
そのようなケースに当てはまってしまうと、学力も付かない上に英語力も中途半端になってしまう恐れがあります。
そうなるとインターナショナルスクールで身につけられる自己主張や交渉力も中途半端になってしまいます。
このような問題が起きてしまう原因は、両親のどちらかが日本語で接している場合に起こります。
日本語ばかりに接していると、英語力不足に陥ってしまうからです。
さらにインターナショナルスクールに通っていると、日本語を読み書きを十分に習うことができないので、それらを家庭や塾で補っていく必要があります。

Page Top